【活動報告】第20回哲学カフェxミュージアム 「西洋哲学と東洋哲学のちがいとはなにか?」

当日は、午前中に論語の講座(大阪から講師を招いた講座)があったこともあり、東洋哲学とのコラボという意図で「西洋哲学と東洋哲学とのちがいとはなにか?」をテーマとしました。

当日の議論の光景。大阪からも多くの参加者が来られました。
当日の議論の光景。大阪からも多くの参加者が来られました。

前半部は言語面からアプローチして、対話の結果、かなり大まかにではありますが、下記のように世界観を分類できるのではないかと合意しました。

西洋=主語的世界観・分析的・演繹的

東洋=述語的世界観・総合的・帰納的

当日のホワイトボード
当日のホワイトボード

西洋哲学の限界を見るとともに、その輪郭を描く合わせ鏡として東洋哲学がオリエンタリズムとして過度に賛美されるという陥穽についても触れました。

そのあとはフリーディスカッションで、ついつい脱線して中国共産党と論語といったテーマにまで過熱しました。

この日は後半で、富山新聞さんより取材があり記者さんが入ったことで、いつもと少し違った雰囲気にもなったこともあるかもしれません。

参考

富山新聞掲載記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です