最新情報

【活動報告】第67回哲学カフェ×ミュージアム「情熱と冷静の間のカント哲学!?」2024/2/18

2/18(日)にFactory Art Museum Toyama において「情熱と冷静の間のカント哲学!?」をテーマとして哲学カフェを開催しました。

現地7名、オンライン参加4名での開催となりました。季節外れの陽光に恵まれて現地参加者も多かったですが、オンライン参加も久々に3名以上になり、その中には初参加の方もいらっしゃいました。

前回の陰謀論で、カール・ポパーが反証可能性の概念を提起していましたが、そのルーツにカントの批判哲学があることを紹介しましたので、今回はそのカントを深堀することなりました。

とはいえ、カントは近世哲学の偉大な哲学者で、その影響は現代も大きな影響を与えていて、その内容をわずか3時間で論じることにそもそもの無理があるので、個別のテーマは別の機会に論じることとして、今回はカントの問題意識と現代に与える影響、そしてそれに対する批判的な考えを紹介しました。

物自体は4つのアンチノミーに見られるように理性は錯誤を犯してしまうため認識することができず、実践の対象であらざるをえないことをごく簡単に紹介して、神や自由意志の問題は実践理性批判において展開されたことを話しました。そして、自己決定権や思想良心の自由など私たちに馴染みのある概念はカントに由来する点も説明しました。そこから、『永遠平和のために』に見られるような国家の尊厳と自己の尊厳のアナロジーに敷衍されて、国家における民族自決権につながり、その主権を持った国家同士が連合するというカントの着想が現代の国際連合につながっている点も説明しました。

『啓蒙とは何か』においては「自分で頭で考える」ことが啓蒙につながるということがテーマになっていますが、その点もカントの批判哲学から敷衍されていることが説明できるので、カント哲学の一貫性をざっくりとご理解いただくように努めました。

難しい話をしたので議論が盛り上がらないのではないかと想定していましたが、豈図らんや、質疑応答からかなり突っ込んだやり取りがあり、事前に100分de名著『純粋理性批判』の解説本を予習した方からも、フッサールの現象学との比較についてなどかなりディープな応答もありました。

https://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/98_kant/index.html

カントの場合は「良心に基づいて自己決定する主体」が前提となっていますが、フッサールにおいては、特に晩年において生活世界であれこれ気遣う受動的な人が前提となっていて、そこにカントが把握できなかった人間像を見出すことができるわけです。

分断やポピュリズム、そしてパンデミックから紛争に至るまで、現代社会が抱える様々な問題がありますが、問題を解決するためには人間像の転換が必要となります。現象学の考えはその一つの候補となりますが、次回で提案したいのは「ケアの倫理」です。つまり、ケアする存在としての人間像です。自己決定する主体ではなく、ケアする/される存在としての人間です。特に、フェミニズムの視点からの研究が充実しています。

カントが残した功績を評価しつつ、カントもまた反証可能性にさらされる存在ですので、「ケアの倫理」批判的に継承していくこととなります。

Well Being

【活動報告】第66回哲学カフェ×ミュージアム「陰謀論とは何か?」2024/1/21

1/21(日)にFactory Art Museum Toyama において「陰謀論とは何か?」をテーマとして哲学カフェを開催しました。

現地5名、オンライン参加1名での開催となりました。雨降る一日でしたが、現地の参加者に恵まれました。

能登半島での震災が起こってから初めての哲学カフェの開催になりました。多かれ少なかれ、それぞれ被災者の一面もありますので、最初はそれぞれの状況報告を聴くことから始めました。

その後に、陰謀論についての素朴な感想と意見を話し合うことから始めました。今日の主要テーマを「陰謀論は荒唐無稽だけれども、陰謀は実在する」と設定するつもりでしたが、早々にその点を指摘してくださる方がいて、進行役の都合としては非常に進めやすい哲学カフェの立ち上がりとなりました。

今回はカール・ポパー『開かれた社会とその敵』における陰謀論の定義を紹介して、その核にある反証可能性の概念について説明しました。反証可能性とは、仮説は常に批判に開かれていて、反証されたらその仮説は放棄することを指していますが、それが科学の営みの本質とされています。

ポパーによると陰謀は実在するが、そのプロジェクトの規模が大きいためにめったに成功しないとされています。しかし、陰謀が実在することは間違いないので、陰謀を暴くアプローチとしては無知学の成果を紹介しました。ナオミ・オレスケスの『懐疑の商人』の仕事が有名ですが、地球温暖化懐疑論は石油化学企業によってつくられたものであることが近年広く知られるようになりました。

しかし、その証明は困難なので、陰謀を暴くことと陰謀論を語ることの区別はとても難しいわけです。信念をもとに行動することが重要ですが、常に反証可能性に開かれていることが前提になるといった考えになると見解を示しました。

最後に、身内が陰謀論にはまったらどう対応しますか?という問いを投げかけましたが、深入りしないというのが共通見解のようでした。近年はコロナ禍におけるワクチン接種の問題がありましたので、その時の経験をもとに考えを深めていました。

私は、カント哲学が今もなお有効だと考えています。ポパーもカント哲学に大いに依拠しています。その点次回の哲学カフェで深めていくつもりです。

日本科学哲学会ニューズレターでのご紹介

日本科学哲学会ニューズレターNo. 59において、「哲学系研究者の経歴を生かす形で営利活動を行う方」としてアガトンラボの活動が引用されました。

科学哲学哲学会ニューズレター No.59.pdf

これからもアガトンラボが哲学の社会実装を試みる場として、哲学が現場に根差した営みとして蘇生することがができるよう努めます。

この度は、引用していただき感謝します。学会の論文が公開されていて、部外者にとってもありがたい活動です。興味深い論文もありますので、ぜひご覧ください。

日本科学哲学会

日本科学哲学会論文バックナンバー