Vol.44 哲学カフェxミュージアム  テーマ『オリンピックとは何か?〜スポーツ哲学の立場から考える〜』

日付/時間
Date(s) - 2022年2月20日
1:00 PM - 4:00 PM

場所

カテゴリー


今回の哲学カフェは「オリンピックとは何か?〜スポーツ哲学の立場から考える〜」をテーマに、長崎大学准教授でスポーツ哲学が専門の高橋浩二さんをオンラインでお招きして開催します。

<会場参加> ビジター¥1,500
哲学カフェ会員 ¥1,000
※当日、現金もしくはPayPayでお支払い下さい。
お申込ボタン
<オンライン参加> ビジター    ¥800
哲学カフェ会員 ¥500
お申込ボタン

 興奮剤や筋肉増強剤などのドーピングがオリンピックをめぐって話題となりますが、直近の東京オリンピックでは性転換を経て出場した重量挙げの選手が大きなニュースとなりました。ドーピングは科学技術の発展とともに進化を遂げ、近年はゲノム編集に及ぶなど薬物を介しない技術も生み出されており、ドーピングを摘発するIOCとの暗闘が常に展開されています。

 その一方で、パラリンピックにおいては身体性を補助するだけでなく拡張する器具が次々と開発されて、健常者競技を上回るパフォーマンスが達成されるほどで、人間の身体とはどこからがどこまでが個人特有のものなのか、その境目が分からなくなってきています。両者はその根本精神は別として、身体拡張という一点では共通しているように見えます。

 クーベルタン男爵のオリンピックの精神と照らし合わせて、スポーツに伴う私たちの身体性をどこまで拡張することが人間の幸福にとって良いことなのか、その倫理的な問いが突きつけられているように思います。北京冬季五輪の閉幕日において、この問題を考えることは有意義であると思います。

 長崎と富山をオンラインでつなぎ、富山発の哲学カフェが、地方と地方を結び、地方から文化が創出される良い機会となることを願っています。

 

場 所:Factory Art Museum TOYAMA (〒939-0131 富山県高岡市福岡町荒屋敷525-9)

開催日:2022年2月20日(日)   時間:13:00~16:00

参加費

<会場参加> ビジター¥1,500
哲学カフェ会員 ¥1,000
※当日、現金もしくはPayPayでお支払い下さい。
お申込ボタン
<オンライン参加> ビジター    ¥800
哲学カフェ会員 ¥500
お申込ボタン

※哲学カフェ会員は随時受付しています。→詳細・お申込みはこちら

 

申し込み方法

  1. 会場参加申し込みフォーム(推奨)→詳細・お申し込みはこちら
  2. オンライン申し込みページ:→詳細・お申し込みはこちら
  3. メール:info@fujita-k.co.jp(アットマークは半角に修正して下さい)
    件名に「 2022/2/20 哲学カフェ Vol.44 申し込み」
    1)住所
    2)氏名
    3)メールアドレス
    4)携帯番号
    5)哲学カフェin富山 会員、非会員の明記
    以上を記入してお申し込みください。
    * 申し込みのメールには、必ず返信のメールを出しています。もしメールが届かない場合はゴミ箱に入っていないか?確認をお願いします。お手数ですが、よろしくお願いします。
  4. FAX:0766-64-5220 上記記入の上、FAXしてください。

講師
野末雅寛(のずえまさひろ)
株式会社アガトンラボ代表取締役。2014年から哲学カフェ in 富山で講師を担当。

1974年富山県朝日町出身。

金沢大学教育学部と京都大学大学院文学研究科修士課程にて哲学を専攻、ハイデガーなどドイツ哲学を学ぶ。

高等学校教諭一種免許(公民)を取得

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。