【哲学カフェin富山 1周年記念!】ハンナ・アーレントの「人間の条件」をみんなで音読して、 九鬼周造の「いきの構造」をヒントに富山の魅力を再発見する2日間!

 

IMG_2417

 

 

なんと!哲学カフェin富山も無事に!めでたく1周年を迎えました。

いろいろな方々に支えていただいたおかげです。ありがとうございます!

 

そこで。。。

より多くの方が哲学に親しむ機会を設けるべく企画をご用意しました。

 

1つ目は、こちらです。

ハンナ・アーレント『人間の条件』プロローグを、劇作家の岸井大輔と音読して語り合う会

 

昨年映画が公開され、話題になったハンナ・アーレント。

彼女の主著「人間の条件」のプロローグ部分の読書会です!

 

ハンナ・アーレントは、第2次大戦にかぶる時期にドイツで育ったユダヤ人。

その体験からファシズムが何故発生したかを考え抜いた政治哲学者です。

21世紀になっても古びることのないその前書きは、人工衛星や原子力エネルギーを

例に現代社会を考えた内容で、現代文明を見つめ直す新しい視座を提起してくれます。

 

そのプロローグを集まったみんなで音読・議論して、『人間の条件』に親しむきっかけと

なるような時間を作りたいと思います。

 

ゲストには、劇作家の岸井大輔さんをお迎えします。

「人間の条件」を戯曲とみなし、東京都内で3年間にわたり上演する「東京の条件」を

実施した劇作家で、人間集団のあり方をテーマにした作品を手がけている方で、全国各地で

「人間の条件」読書会を行脚して開催しておられます。

 

<イベント概要>
日時:2014年12月12日(金)19:00 ~ 21:00
場所:サンシップとやま 602
参加費:1000円
持ち物:「人間の条件」各自1冊
主催:哲学カフェ in 富山
連絡先:cafephilotoyama*gmail.com(*を@に変更)

申し込みはFacebookイベント経由か、上記のメールアドレスにご連絡ください。

 

 

 

さて、もう1つの企画はこちらです!

九鬼周造「いきの構造」から考える、富山に根付いた美意識

 

大切なふるさとに根付いた精神文化、深い部分にある魅力を探っていきます。

九鬼周造は日本民族独自の美意識「いき」や風流、偶然性などを研究した哲学者です。

 

ゲストには同じく岸井さんをお招きいたします!

「いきの構造」は岸井さんが長らく座右の書としてきた古典であり、全国を行脚する

旅芸人としての岸井さんの視点から、ふるさと富山への理解を深める場を作りたいと思います。

 

<イベント概要>

日時:2014年12月13日(土)18:30 ~ 20:30
場所:サンシップとやま 603
参加費:1000円
主催:哲学カフェ in 富山
連絡先:cafephilotoyama*gmail.com(*を@に変更)

申し込みはFacebookイベント経由か、上記のメールアドレスにご連絡ください。

 

チラシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です