【レジュメ】キルケゴールの哲学をもとに絶望を考える

弟子の投稿です。

 

レジュメを公開いたします!

うららかな春の日から、すこしづつ夏の雰囲気が顔を見せ始めています。

5月病で精神が生焼け状態の方もいらっしゃるかと思います。

 

明日の哲学カフェは、以下のような内容で進行いたします!

日曜の午後から容赦なしに思いテーマですが、皆さんのお越しをお待ちしております。

 

絶望を考える哲学カフェ:レジュメ

 

Q1. あなたの絶望を振り返る

あなたがこれまでに感じた絶望を付箋に記入してみて下さい。(5W1H)

各テーブルで自己紹介し合いながら、付箋を模造紙に貼ってみてください。

 

キルケゴールの『死に至る病』に沿って考察する

抽象的でない自己の生々しい体験からアプローチする

・絶望とは?

 

・絶望の諸形態

 

Q2. あなたの絶望は上記の分類の内、いずれに当てはまりますか?

Q1で書いた付箋を模造紙に貼ってみてください。

 

〜前半部まとめ〜

 

過去の哲学者はどうやって絶望に向かい合い克服してきたのか?

①    キルケゴール

自己を自己自身で措定するのではなく、絶対的な他者によって措定される

②    ニーチェ

「神は死んだ」 神…絶対的な他者

③    V.E.フランクル

『それでも人生にイエスと言う』

 

Q3. あなたはどの哲学者の考え方を受け入れることができそうですか。(フリーディスカッション)

 

絶望を考える哲学カフェ:概要

【講 師】 講師の情報はコチラ

【日 時】5月18日(日)13:30~15:30

【場 所】サンシップ 501号

【定 員】約20名

【参加費】500円

【主 催】スマイル*スマイル & 哲学カフェ in 富山

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。