【告知】第14回 哲学カフェxミュージアム テーマ「対話(ダイアローグ)とはなにか?」 定員15名

 

「対話とはなにか?」

 

哲学は古代ギリシャのアテネの「対話(ダイアローグ)」から始まります。ソクラテスが対話者の中から知恵を引っ張り出そうとすることを「産婆法」といい、教育(英語のeducationやドイツ語のErziehung)の語源ともなっています。ところが、哲学の歴史の蓄積と共に難解極まる「独白(モノローグ)」となりました。精度や抽象度は高まりましたが、それとともに人びとから乖離してしまうようにもなりました。

 

哲学カフェは「対話」という原点に回帰しようとする試みです。アテネでは自由な市民が広場(アゴラ)で政治について語り合っていた原点に返る試みです。アテネでは奴隷の犠牲のもとに成り立っていた「対話」でしたが、現代ではAIという奴隷のもとに、新しい自由市民が生まれようとしています。現代、哲学カフェが求められるのには必然性があるのです。

 

現代の自由な市民として、楽しい語らいのひとときを持ちましょう。

 

ラファエロ『アテネの学堂』より

 

下記、実施要項です。

 

開催日:2019年6月2日(日)
時 間:13:00~16:00
参加費:¥1,500

場 所:Factory Art Museum Toyama

お申し込みは下記の要領にてよろしくお願いします。

 

①メール:info@fujita-k.co.jp
件名に 「6/2 哲学カフェVol.14 申し込み」
・住所
・氏名
・メールアドレス
・携帯番号
を記入して申し込みください。

 

②FAX:上記内容を書いてFAXしてください。
0766-64-5220

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。